在宅医療や検査などの今後の見通しから、今後の闘病は容易になる

沢山の人が抱える悩み

脂漏性角化症についての情報

脂漏性角化症はあまり聞き慣れず、馴染みのない疾患ですが、とても多くの方が罹患されている比較的厄介なものです。多くの場合、老人の顔面に発症し、小さく盛り上がった黒色の腫瘍(大きめのほくろの様)でありますが、基本的には電気的外科手術やレーザー除去などが一般的な治療法となります。しかし脂漏性角化症の怖いところは皮膚がんとの区別がつきにくいケースがあります。また痒みを伴う場合は内蔵ガンによることもあり、単に除去などを行って解決しないこともあります。女性の罹患者は顔面に発症することが多いため、早期に除去手術を希望されうことが多くありますが、ケロイド体質の方は除去手術によって傷口からケロイドの症状が発症してしまうこともあり、注意を特に要します。

発症しないための一工夫

脂漏性角化症は多くの場合、空から降り注ぐ紫外線にあると考えられています。近年では注目されているUVカットのサングラスや日傘などを利用することで、体に紫外線を浴びることが極力避けれるように心掛けることが一番です。また現代では避けることができないストレスや過度な禁煙や飲酒によっても引き起こされれうとする研究者、医療者もおり、また老化によって自然的に発症するとの研究結果もあり、いずれにしても脂漏性角化症の発症を誘引するような事項は、可能な限り除去することが先決となります。老年期に発症することが多く、前述したようにガンの前触れということも考えられますので、皮膚科において専門的な検査や治療を早急に施してもらうことが必要です。