在宅医療や検査などの今後の見通しから、今後の闘病は容易になる

話さないとわからない

相談することも大切です

「在宅医療を希望するけれど、どのようにしたら良いか分からない」「自宅での処置に不安がある」などの在宅医療に関する悩みを持つ人は少なくはありません。最近では、各市区町村に相談窓口が開設されており、気軽に相談することが出来るようになっています。 専門の相談員が対応にあたるので、安心して相談することが出来ます。一人で介護などを行なっている場合には、ストレスを抱えてしまうこともあります。誰かに話を聞いてもらう、相談するだけでも気持ちが楽になる場合があります。ストレスや疲れなどを感じた場合には、無理をせず早めに相談窓口を訪れるようにしましょう。 市区町村の窓口だけではなく、病院や薬局などでも相談することが出来る場合もあります。

注目を集める在宅医療

高齢化社会が急速に進んでいる日本にとって、医療と介護の問題は切っても切れない問題と言えます。医療機関での対応だけではなく、在宅での介護や医療の充実も欠かすことが出来ないことであると考えられています。 そのような理由から最近は在宅医療が以前にも増して重要視されています。安心して在宅医療をすることが出来るよう、往診や訪問看護などの充実が切望されています。 介護を受けている人や行なっている人が地域から孤立しないように、様々な対策が進められています。 医師や看護師だけではなく、薬剤師など医療に携わる人が一体となり、在宅医療を推進していくという取り組みが各地で始められており、今後はますます幅広い支援がなされると注目されています。